お 知 ら せ

  •  部 員 募 集 中

    ドッジボールやろうよ!

     毎週日曜日、隔週土曜日

     午前中を中心に横須賀小

     グランドで練習してるよ。

     見学・体験大歓迎

     ☆一度遊びにおいでよ!

Team-Logo

  • Yellowball_rogo

  • Yokosuka_rogo

Referense

Team2013 戦績

  • 【横須賀杯(夏)】 <07/21>

    《 優  勝 》

    (1・2部アベック優勝)

    Cut

  • 【古南小(夏)大会】<07/07>

    〈 Best8 〉

    .

  • 【北部大会】<06/09>

    〈 Best8 〉

    .

  • 【小金北レディース大会】 <05/19>

    《 優  勝 》

    (1・2部アベック優勝)

    Cut

    .

  • 【東部大会】 <05/12>

    〈 第 3 位 〉

    Cut

    .

  • 【小金大会】 <04/28>

    〈 第 3 位 〉

    Photo

    .

  • 【小金北新人戦】<04/07>

    〈 準 優 勝 〉

    .

Let’s Spark!

  • **【 2011 】******

    南部大会 第3位

    Photo_5

    中央大会予選会 準優勝

    Cut

    小金北新人戦 準優勝

    横須賀杯(冬) 準優勝

    小金北お別れ大会 第3位

     

  • **【 2010 】******

    小金南北大会  準優勝

    Cut_4

    中央大会  第5位

    Cutrimg0046

    東部大会  第3位

    Cut_3

    その他入賞多数

           

  • **【 2009 】******

    小金北新人戦 3位

    中央大会 本戦(2日目)進出

    新松戸卒業大会 3位

    小金北お別れ大会 敢闘賞

    Cut

    Cutrimg0005_2

  • **【 2008 】******

    21世紀大会 デライツ賞

    08member_3

  • **【 2007 】******

    小金北卒業大会  優  勝

    新松戸卒業大会  準優勝

    小金北新人戦   第3位

    07member_3

    2007_2

  • **【 2005 】******

    中央大会  第3位

    小金大会  準優勝

    東部大会  第3位

    小金北レディース 優勝

    新松戸大会 1,2部W準優勝

    05member_3

    Cimg09411

« 小金南北大会 | トップページ | 忙しくなってきた。 »

2009/11/04

改めて南北大会

 気分を改めて、南北大会

 第1回戦  二ツ木戦

 前半戦、苦手の第1試合、朝一の試合をまぬがれて、「よしよし!」と思ったのも束の間、二ツ木の作戦か、一桁ゼッケンがあっさりやられる。

 今回、4年生の「守備力向上」が見えたため、『Kana』を外野に出して、攻撃を強化した。春の合宿以来の「ダイヤモンド」を組んでみた。

 が、残念ながら機能しない。序盤に内野が崩れてしまったため、浮き足だったのか?

 エース『Yui』も、砂地のグランドに足を滑らせて、ラインクロスを連発する。

 試合開始3分、内野が3人になり、チョッとドキドキだ。

 やむを得ず、外セン『hadu』を内野に入れてしまい、サイド二人をセンターに廻す。

 が、頼みの『hadu』までが当てられ万事休す。

 『hadu』は、再度内野に戻れたが、両サイドは入れずじまい。

 前半を 4:5 先行された。

 ハーフタイム  子供達に意外と動揺は無かった。

 前週に練習した速攻を指示、1点差なら逆転は可能。

 後半戦、『Kana』の速攻が決まり、一安心だったが、またもや一桁ゼッケンがバタバタやられる。

 ここのところ成長著しい4年『Sayaka』が2本捕ってなんとか歯止めを掛けた。

 オフェンスも落ち着きを取り戻したか、サイド攻撃が上手くいった。

 『Yuka』が、出たり入ったり、内野で落ち着いて貰わねば困るのだが、2度も当てられればテンションも上がる。渾身の「ラストシュート」は、二ツ木エースの右横へコントロールされた。手を出したくなるところだ。「グッドジョブ」ナイスシュートだ。

 公式戦始めての「ピリオド完封」 「0チン」を仕上げた。 

 後半 10 : 0   合計 14 : 5   

 「よし! 波に乗った」  と、その時は思った。

 

 2試合続けての第2回戦 清志町戦

 前にも書いたが、今期、練習試合で2勝2敗 3点差勝ち、2点差負け、後は1点差

 五分五分  調子を上げての連戦は、こちら有利。

 前半戦 速攻も決まり、『Yui』も調子を取り戻した。二ツ木戦で無惨だった1桁ゼッケンもそれぞれがキャッチし、「波」を持続していた。

 でも、『Yui』の動きはおかしい。カットに入れない。

 前半 8 : 5  3点リードで折り返し。 

 後半戦 

 足を引きずりだした『Kana』の速攻を、逆サイド『Yudu』にシフトしたが、急な展開に動揺したのか、考えられないほどのワンバウンドシュートを連発。

 立ち上がりに失敗した。リズムが悪い。

 「新型インフルエンザ」のように、萎縮が伝染する。

 「捕れない」

 攻撃も2本の「おたすけ」でめげてしまった。

 来る波が大きければ、去る波も一気だ。

 3本程度のキャッチでは・・・・・

 後半 3 : 7    合計 11 : 12  逆転負け

 「1点差負けは監督の責任」  引く波を止められなかった。

 第3回戦 大金平つばさ戦

 1試合空けての試合で、テンションを戻しにかかったが、初めての「完封」で満足してしまったのか、相変わらず1桁ゼッケンが不甲斐ない。

 元気印の「no5」と「no7」が孤軍奮闘。 常にマイペース『Megu』が踏ん張るが、あとは「やる気」が見えない。

 「発破」を掛けるタイミングもない。

 これまで音無の構えだった『kanae』が1本捕っただけ。

 『hadu』が3本当てるも、後が続かず入れ損なった。「獲物」は沢山居たのだ。

 『Yui』のヒットが「0」 、カットも「0」    あり得ない。

 前半 4 : 9  5点ビハインド    かなり絶望的

 後半戦

 息を吹き返す。『Yui』に復調の兆し。サイド攻撃をコーディネート。カットに冴えが出てくる。

 中盤で逆転、しかし外野にオフェンスチームがいない。

 マイボールでタイム!

 外野には確実な返球、時間を使って内野からの攻撃を指示。

 外センには、ちびっ子チームの内センを指名。

 しっかり捕って、シッカリ返すがラインクロス    常習犯!

 今度こそ!   で、キャリング。  目の前が暗くなる思いだった。

 「キャリング」も常習犯   

 言って聞かせて、させてみるが、その時だけ。直らない、危機感がない。

 捕球で、左足を出す癖がある。悪くはないが、キャッチのタイミングで捕球動作が投球動作と重なる。それでも3歩。最初の左足が緩慢で大きいため、キャリングを取られやすいのだ。

 「指導不徹底」は否めないのだが、この手の子は沢山居る。

 キャリングではあるが、「ここに来て取るの?」   辛かった。

 そのボールで、一人アウト。   再逆転

 アウトになった5年生へセンターをチェンジ。

 来年に向けて、シュート練習も中当てでのサイド起用も始めた矢先。

 「やらねば」の気持ちは見えるが、「確実な返球」はどこかへ吹っ飛んで行ってしまった。

 「打って出た」  アッサリとキャッチされる。  良い球は持っては居るが、まだ力不足。

 最後は、「本日大奮闘」の『Yuka』が「無理捕り」でアウト。で、ゲームセット。

 後半 6 : 5 で挽回はしたものの前半の5点ビハインドは大きすぎる。

 「ヒット」は、後先構わず入れなければ追いつかないのだ。

 合計 10 : 14   

 結局 『Yui』のヒット「0」  これはエースになってから始めてのことだ。

 以前、高熱を隠して出場したとき以来の出来だった。

  

 こうなれば、一発勝負

 第4試合 しろあと戦

 しろあとエース『Natsu』封じも指示済み。今度こそ「絶対勝てる」 「絶対に勝つ」は洗脳済み。

 戦前、元気印「7」が、しろあと『H川監督』をつかまえてのたもうた。

   「今日は勝たせて貰います。」

 その情報が「よこ勝」に届いたのは閉会式後のこと。

 もっと早く、知らせろよ!テンションアップには、もってこいのネタだったのに。

 前半戦 「7」は空回り、ここに来ても1桁ゼッケンが不甲斐ない。

 試合前に空きコートを使っての中当ても効果なし。

 『Yukari』が2本、『Remi』が1本捕っただけ。

 前半 4 : 9   またも5点のビハインド   あとは一矢報いるだけ。

 後半

 しろあと戦では毎度のエース対決。『しろあとNatsu』の挑発に『Yui』が載る。

 前半戦では、あっさりやられた。今日の『Yui』ではしようがないところか。

 しかし、最後のピリオド   発憤した。

 『Natsu』のシュートを好捕。『Natsu』こそ当てられなかったがヒット「3」 カット「3」

 

 「しろあと」相手では、機能しなくなったサイドのオフェンスを諦め、『Kana』『Yudu』を内野先発させた。

 厚みが増し、安心感が出たのか『Mai』のカットインも深くなり、シュートを打たせない。

 キャッチは少ないものの1桁ゼッケンが残る。

 「今日はお休みの回」の『FU~』がやっと2本捕ってくれた。それまで「お助け」1本だけ。

 『こいつ』が捕ってくれないと、チームのテンションが不思議と上がらない。

 しかし、『こいつ』の操縦は極めて難しい。

 「発破をかけてもダメ」 「褒め、すかせてもダメ」 「放っておけばもっとダメ」

 

 後半 8 : 7  なんとか一矢を報いた。

 合計 12 : 16    

 準優勝チームから「ハーフ」は取れた。

 

 残念ながら、今大会は、1勝3敗

 しかし、『Yui』の体調不良の中、よく頑張った。

 負けはしたものの、ハーフは取れている。あとは、攻守のギアをしっかり組ませることだ。

 今回初めて、『hadu』が『Yui』のポイントを上回った。17本の「ヒット」も最高だ。

 よく頑張った。

 

 総括をもっとしかりしなければいけないが、遅くなりすぎた。腹が減った。

 

 3日から、5年生も「選抜練習」に参加している。

 鍛えられて、一回りも二回りも成長をして帰ってきて貰いたい。

 「選抜練習」は、「横須賀」の練習ほど甘くない。

 今年は、6年生も多いし5年生も多い、5年生の先発チケットはほとんど無いが、頑張って貰いたい。

 「よこ勝」も可能な限り土曜練習には参加する。

 そして、日曜日は、4年生の「宇宙人軍団」を「小金北レディース」にむけて鍛える。

 小金北の「安全パイ」からの脱却だ!

 腹減った。   さ、帰ろ。

 毎度、支離滅裂ご容赦。

« 小金南北大会 | トップページ | 忙しくなってきた。 »

コメント

南北大会お疲れ様でした。
ブログを読み返しながら、くやし~思いを再度噛締めてます。wobbly
でも長いトンネルを大分走って明い光が見えてきてますよねupwardright
選抜の練習で、五年生がレベルアップして、四年・二年生が引っ張られて、元気な一年生に大きな声で応援してもらえば、メダル&お好み焼きのほうから近づいてきそうlovely
頑張りましょう!
PS
みんな~指たてふせは大事だよ~!指鍛えよう(特に小指)切実なお願いですsweat01
いや~左手でのコメントつらい

 『はづパパ』コメントありがとう。

 そう! 「指」と「肩」の強化です。
 「指」にも「肩」にもスタミナを付けないとね。
 「安全面」「技術面」ともに大事です。

 特に「小指」脱臼もし易い。

 準備運動がまじめに出来るようになると、技術の上達も早いんだけどね。
 
 子供たちの意識改革のなかなか難しい。
 子供同士で相互に誘発できるようになるとすごいけどね。

 しばらくは、ボールも投げられないでしょうから、子供たちの監視をお願いします。

 例の「ハンディービデオ」駆使してください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222059/32071633

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて南北大会:

« 小金南北大会 | トップページ | 忙しくなってきた。 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Schedule

  • おことわり

    下記スケジュールは、あくまでも予定、見込みです。   疑義は、監督、スタッフにお問い合わせください
  • 【 4 月 】

  • 【 5 月 】

  • 【 6 月 】

  • 【 7 月 】

  • 【 8 月 】

  • 【 9 月 】

  • 【 10 月 】

  • 【 11 月 】

  • 【 12 月 】

  • 【 1 月 】

  • 【 2 月 】

  • 【 3 月 】

最近のトラックバック

無料ブログはココログ